9月14日(土) 富士山麗・精霊たちに誘われて
Amazing World Library
9月 スケジュール
9月21日(土)
Ari&アヤカ
※9/14/22時〜予約開始
9月22日(日)
カティー&MIKI
※予約中止・開催日変更
10月 スケジュール
フォトストロール(個撮主体) TOP PAGE




◎キャスト
姫宮らん Himemiya Ran/
Instagram / twitter / blog / WebAlbum → 2019.8.25斬暑屋
玉樹るい Tamaki Rui /
Instagram / twitter / WebAlbum → 2019.6.9 海の渡り鳥〜 鴨川・斜陽の波止場にて

◎参加定員&参加費用
団体撮影 通し参加定員8名 / 22,000円 (残
席)
※マイカーでご来場の方はお申し込みの際にお知らせください。

◎ロケーション&イメージ
参照ロケーションイメージ参照ポートレイトイメージ
深い森の中に独りでいる状況に置かれると、森の圧倒感に畏怖するもの、慈しみを感じる者の二者に分かれるという。
彼女達は後者のタイプで、この森の魅力の虜になり、ついには森に取り込まれてしまう…という設定。
今回のロケーションの富士山麓に広がる樹海は、ジブリ映画の名作「もののけ姫」に出てくる「こだま」に出会えそうな深い森の世界が広がる。
隆々と波打つ溶岩の大地、長い歳月をかけて育まれた森、樹木のつたと太い根が苔むした岩に絡みつく禍々しい印象の森、天然の氷が輝く洞窟、湖――これらの特殊な地形を利したドラマチックな撮影を予定。
「もののけ姫」に登場するキャラクター風の衣装も楽しみ。

○1部/某洞窟
樹海には、未発見、未踏の穴を含めて、大小多くの洞窟が存在する。
今回の洞窟も、山道の脇に唐突に現れる小規模な洞窟の一つ。
漆黒の洞窟の中は年間を通して気温は5度、あちこちに小さな氷結が散らばっている。
この洞窟では、敷物、ランタンなどの小道具を用い、サバイバルアドベンチャー的なイメージを演出する予定。
壁や天井などにLEDパネルライトを照射し、空間に奥行きを作る工夫を施す予定。

○2部/樹海の巨大なくぼみの中と樹海の林道
青木ヶ原樹海は、864年、長尾山が噴火したときに流れ出した溶岩と樹木で形成された緑が美しい地帯。
富岳風穴という全長200メートルの横穴型洞窟や、全長150メートル・年間平均気温0度の鳴沢氷穴など、国の天然記念物に制定されているスポットもある。
荒涼とした溶岩の台地にむき出しの根を絡ませた独特の景観は、季節ごとに表情を変え、それぞれ趣きあっていい。
前半は、ケイピングコースにもなっている林道と、富士風穴前の大きなくぼみの中に下りての撮影を予定。
後半は、森の中でのポイントを探しながらの撮影を予定。

○3部/精進湖とのその下の小さな湖
精進湖は、富士山の火山活動によって形成された堰止湖で、開発されていない大自然の景勝地として親しまれている。
前景に樹海をおいたアングル、湖面に映りこんだ逆さ富士が好まれ、多くの風景写真家が訪れる。
精進湖下には、気にしなければ見過ごしてしまうほど小さな湖がある。
隆々とした溶岩の岸辺が浮かぶ複雑な形状の湖だが、非常にフォトジェニックである。
※光のコンディションによっては、西湖の畔での夕景撮影に切り替えることも。

◎撮影
囲み、順撮を織り交ぜながら施撮。
○補助光/レフ、LEDパネルライトを適宜に使用。
○衣装/1部は森ガール風カジュアル1着、2〜3部「もののけ姫」の世界観を借りたオリジナル衣装の計2パターン。
※山道の散策に適した履物をご用意ください。

◎スケジュール
集合
8:30
※10:30
池袋西口公園前セブイレブン付近 MAP
※富岳風穴駐車場付近 MAP
1部・団体撮影
11:30〜12:30
60min
某洞窟での撮影
移動・昼休憩
12:30〜14:00
道中飲食店利用
2部・団体撮影
14:00〜16:00
120min
樹海の巨大なくぼみの中と樹海の林道での撮影
移動・休憩
16:00〜16:30
3部・団体撮影
16:30〜17:30
60min
精進湖周辺での撮影 ※日没/17:56
解散
適時
現地or池袋駅 ※到着予想時刻/20:30
※諸事情によるスケジュールの変動につきましてはご了承願います。